このエントリーをはてなブックマークに追加

FlexScan EV2023W-HのFlexStand(フレックススタンド)

新しく発売される、FlexScan EVシリーズの中で唯一「FlexScan EV2023W-H」に採用されているのが、新スタントFlexStand(フレックススタンド)です。
EIZO
FlexStand(フレックススタンド)の最大の特徴は世界最大級といえる高さ調節の幅の広さで、昇降できる可動範囲225mmにもなります。
FlexScan EV2023W-H
FlexScan EV2023W-H
特に上方向ではなく、下方向にもモニタが下げられるのは中々無い機能です。しかもこの下に下がる機能は疲れ目にも有効な動きだそうです。というのも、モニタを見るときは目線を下げると目の開きが小さくなって、目の疲労が少ないそうです。
普通のデスクトップ用のモニタだと上げることは出来ても、下げることは中々出来ないですから自然と上方向への調整に慣れてしまいます。また、サイズが大きくなればなるほど高さがあるため見上げながら使うことが多くなってしまいます。
これが、疲れ目の原因になってしまうのか・・・比較的疲れ目にならないほうなので気にしていませんでしたが、疲れ目で悩んでいる人にはちょっとアドバイスしてみようと思います。
FlexStand(フレックススタンド)は高さの調節以外にも、前後に倒れるチルトは30°、左右に動かせるスウィーベルは左右各172°とかなりの可動域がありますし、縦回転もできるので自分の見やすいモニタ位置に調整しやすいです。
※モニタを縦回転にしても、画面は自動では回転しないので、パソコン側で調整する必要があります。
家ならまだ色々工夫をして見やすい状況を作ることは出来ますが、会社だと都合よく行かないことも多いですから、FlexStand(フレックススタンド)の広い可動域はとても役にたちそうな雰囲気があります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...