このエントリーをはてなブックマークに追加

液晶表示力

液晶ディスプレイの表現力として、ポイントになるのは「輝度」「コントラスト比」の2つです。どれもそれなりに重要ですから、個別に見ていきたいと思います。

輝度とは?

輝度とは画面の明るさのことで、単位は「cd/m2」(カンデラ 毎 平方メートル)になります。
数字が大きいほど画面が明るいと考えていいと思います。
輝度が高いと、動画が綺麗に見える、遠くからの視認性が良いなどメリットも多いですが、PC用のディスプレイとして使用する場合は、明るすぎると見ていて疲れてしまうと言うデメリットもあります。
ただ単に輝度が高いのがよいのではなく、人が見て適度な明るさに調節できる機能が付いていることが重要になります。
ちなみに、蛍光灯の下でPC用モニタとして使用するなら、最大輝度は250~300cd/m2もあれば十分と言われています。

コントラスト比とは?

コントラスト比とは、画面内の「白(最大輝度)」と「黒(最小輝度)」の輝度比のことです。表記は「500:1」などとなり、左側の「500」が白、右側の「1」が黒を示します。
コントラスト比で注意が必要なのは、この数字が比率になっていることです、最大輝度もしくは最小輝度のどちらかを変化させれば比率は一気に拡大してしまいます。
コントラスト比は高いほど画面のメリハリがついて見やすくなるのですが、輝度とのバランスが大事になるので、コントラスト比を見るときは単純に数値をみるだけではなく、輝度も見て確認することが重要です。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...